電話工事
電話工事事業とは

電話工事の必要性

IP電話の必要性

導入のメリット

その他サービス一覧

導入スケジュール



電話工事の必要性

このところ、IP電話が新聞やTVでも話題にのぼることが増えました。そのIP電話で使われているのがVoIP(Voice over Internet Protocol)という技術です。VoIPはいわば、インターネットやイントラネット網などを経由して音声を伝える仕組みで、コスト面で大きなメリットがあります。
 従来型の電話網であれば、一から構築しますから、電話会社(通信事業者)では設置・運用・維持に関わるコストがかかります。一方IP電話などはVoIPを使い、インターネットやイントラネット網などのIP網の中に音声データなどを通すことになります。ご存知の通り、インターネット網などは基本的にご近所 同士をつなぐ仲良しネットワークで、持ちつ持たれつの関係で成り立っていますから、設置・運用・維持に関するコストは「ご近所」につなぐまでとなり、電話 網と比べて格段に安く利用ができるのです。

 IP電話では、イントラネットに電話機を直結して、通話に使用する電話機同士の間をすべてIP網にする手法と、電話機を構内電話交換機(PBX)に収容 し、PBX間を結ぶ中継回線部分だけをIP網にする手法とがあります。現在はまだ、前者のような完全にIP化したものを選ぶ企業は少ないのですが、組織変 更や人事異動に伴う移設・増設にかかる管理コストを考えると、直結型へ徐々に移行してきています。VoIP技術を利用したシステムを導入することにより、 専用線の回線数削減やPBX撤廃が可能になり、コストダウンにつながります。また、VoIPはインターネット上で音声を扱う技術ですから、Webとの親和性も高まります。

データ・音声IP統合システム



Copyright 2004 OZMA PRODUCE CORPORATION All rights reserved.