建築事業
私たちの目指す建築とは

再生建築とは

当社の強み

サービス一覧

導入までのスケジュール


再生建築とは

一言でいって《何を残して、何を壊すか》で始まると思います。
最近では京都の町屋街などでは、外観をそのままのこして内装だけをやり変えて入居するといったケースもあります。また古い民家なども取り壊さず、設備面だけ見直して料亭などにリニューアルさせることもあります。
このような事例のなかでが一番大切なのは、その古い建築物のチャームポイントを残すということです。柱一本でも階段の一部分でもいいですから魅力的な見せ場を作ることが、この再生建築の最大の良さだと思います。
そののちに、こうした再生プランが現法律的に適合できるかを審査します。意外と現行建築用途はOKでも、新しく申請するとだめだったという例があるためです。
審査を終えると次に建物自体の構造・設備等のハード面の見直しです。
現行建築物が耐震的なのか設備的に新しくやり変えたほうがいいのかなどです。特に空調設備などは新設したほうが、結果的にランニングコストが安く済む場合が多いのです。

Copyright 2004 OZMA PRODUCE CORPORATION All rights reserved.